初心者の方向け

ビットコイン、仮想通貨(暗号資産)とは 初心者の方向けに解説

ビットコイン、仮想通貨とは?何それ?といった基本的な知識をご紹介します。

2人の方にビットコイン、仮想通貨とは何かといった説明をして頂きました。

2つの説明を読むとより理解が深まると思います。

仮想通貨(暗号資産)とは何か説明その1

仮想通貨を簡単に言い表すと硬貨や紙幣のような形ある実体を持っていない通貨です。

仮想通貨はデジタルデータとしてのみ存在しており、日本国の「円」やアメリカ合衆国の「ドル」のように特定の国家が発行している通貨でもありません。

仮想通貨は国が発行している通貨のように、中央銀行による価値の保証がされていないという特徴があります。22

その為、仮想通貨は保証されていない不安定な価値の通貨と思われますが、仮想通貨では「ブロックチェーン技術」と呼ばれる技術が活用されており、売買取引の情報や誰がどれほどの量の仮想通貨を持っているかという情報はネットワークに接続された不特定多数の端末に分散されて記録され共有されているという特徴を持っています。


この特徴から仮想通貨のデータを改ざんするには膨大な数の端末に侵入して全てのデータを書き換える必要があるので、非常に信頼性が高いものとなっているのです。

仮想通貨(暗号資産)とは何か説明その2

仮想通貨は、一時期日本でも非常に話題になりました。

まず仮想通貨とは何?と気になる方々が多数居られると思うのですが、仮想通貨は、通常の通貨や紙幣を仮想の通貨として変換したと言う形になります。

具体的には、紙幣や通貨と同様で、仮想通貨によって単位も存在しますので、リアルなお金をそのまま、仮想の通貨に変換した形となりますので、電子マネーとほぼ同じと言っても過言ではありません。

しかし電子マネーと決定的に違う点としましては、電子マネーの使用領域としましては、日本国内だけでありますが、仮想通貨の場合は、全世界共通の仮想通貨と言うことになりますので、全世界でやり取りできると言う利点があります。

インターネット上で交換できる媒体として非常に重宝される形となります。

また、資産が多い方では、一つの機関に預け入れるのは大変な不安があると思いますので、分散して貯蓄すると言う観点からしてもセキュリティー面と暗号化された世界である仮想通貨に変換して貯金しておくと言うことも可能ですので、資産運用等、様々な面でも仮想通貨が注目されるポイントであると思います。

銀行等の中央集権ではない、情報分散型で安全性を保てるのが仮想通貨の魅力であると言えます。