仮想通貨カード

Revollet(レボレット)で仮想通貨デビットカードを発行しお得に利用する

Revollet(レボレット)はヨーロッパにあるエストニアのREVOLLET社が提供している、e-Walletです。

Revolletの利用を考えている人で一番多いのは、R-Cardというデビットカードを発行し、ATMで出金するという使い方だと思います。

この記事を見ている人も、もしかしたら仮想通貨系のデビットカードを探していて、このページに辿り着いたかもしれません。

ここではデビットカード機能を中心にRevolletの特徴について解説します。

Revollet(レボレット)のe-Walletとは

スマホ一つで、仮想通貨の入出金が出来、インターネット上で自分の財布のように利用出来るRevolletのサービスです。

入出金が可能な通貨は以下のとおりです。

Bitcoin
Etherium
Ripple
BitcoinCash
Tether(Omniベース、ERC20べース)
CardanoADA

Revolletへの入金手数料、仮想通貨の送金手数料は

クレジットカード入金 8%
※高いからおすすめしません
XRP以外の仮想通貨入金 無料
XRP入金 20XRP

仮想通貨の送金手数料 0.1%

ATM出金手数料等、その他の手数料一覧

Revolletのデビットカードの登録、発行の方法は

Revolletの仮想通貨のデビットカードはR-Cardと言います。

R-CardはRevolletに登録し、KYCを済ませる事で発注出来ます。

KYCは免許証、パスポート、マイナンバーカードが証明書として利用出来ます。

Revolletにログイン後「プリペイドカード」からカードの発行手数料150ドル

初年度年会費50ドル初回チャージ300ドルを支払うと、手続き完了となります。

R-Cardが家に到着したら、次にやる事はカードのアクティベート(有効化)です。

アクティベートはOmniペイのサイトで行います。

入力項目に必要事項を記載し、申請を行ってください。
成功すると「REGISTRATION SUCCESSFUL」と表示されます。
ご登録いただいたアドレス宛にメールが送信されますのでご確認し、記載されているアクティベーションコードとセキュリティーコードを入力してください。

※「PLEASE CORRECT YOUR FORM:SORRY」と表示された場合は入力に誤りがある可能性があります。
再度確認の上、申請お願いします。

R-Cardと一緒に同封されているカード番号と、6桁のPINコード(暗証番号)を入力しましょう。
PINコードはショッピング/出金時の暗証番号です。

登録完了後の画面です。
赤枠内にカード番号があれば完了です。

利用、アクティベーションマニュアルはこちら

カード利用マニュアル

アクティベーションマニュアル

Revolletのリスクについて

Revolletに限らず、仮想通貨系のデビットカードにはリスクがあります。

出来る限りリスクヘッジするために、ATMで出金する直前に入金する、Revolletに入れっぱなしにしない、といった使い方をおすすめします。

最近は仮想通貨系のデビットカードが増えてきましたので、このRevolletも候補に入れてみて下さい。

Revolletの登録はこちら

下のボタンから登録をお願いします。

リンクから「Create Account」をタップし、アカウントを作成します。

最後までお読み頂きありがとうございました。