終了案件

Angelexで320万運用してみた|仮想通貨Angelexとは

12月下旬から出金にKYCが必要となり、KYC申請後も出金が出来ない状態となっていますので、新規参入はお控え下さい。

Angelexとは仮想通貨のビットコインとリップルの自動アービトラージ(アビトラ)を行う案件です。

稼げる想定月利は45~50%くらいです。

そのAngelexに4BTC、この記事を書いている時のBTC価格で約320万運用してみました。

320万運用してみた日利と月利

 

右上に出てきているのは、1分毎に増えるBTCの数字です。

1分毎に0.33ドル分のBTC(0.00004485BTC)増えています。

0.33ドル×109円=約36円を1分間で貰えた事になります。

一時間ですと、36円×60分=2,160円

一日ですと、2,160円×24時間=51,840円分のBTCが増えています。

一か月ですと、51,840円×30日=1,555,200円

約155万増える事になりますね。

利率を計算すると、日利1.62%、月利で48.6%くらいでしょうか。

増えたBTCは自動的に複利運用となるため、毎分毎時間少しずつ運用額が上がっていきます。

そのため、配当として貰えるBTCは実際にはもっと増えると思います。

Angelexはポンジスキームなのか、飛ぶのか

Angelexについて、ポンジスキームではないかという意見が出ています。

毎分一定額のBTCが増えているため、アービトラージの利益を配当として配っていない、とかですね。

疑問に感じるところは確かにあります。

ウォール街で有名な知人が開発したとの事ですが、証明のしようがないですよね。

本当の所は誰もわかりませんよね。

過去いくつもの案件が、沢山のそれらしい材料を発表してきましたけど、飛んでますよね。。。

そのため、Angelexはポンジスキームだと思って投資して下さい。

そっちの方が飛んでも気が楽です。

飛ばれても痛くない余剰資金で運用して下さい。

Angelexが月利が高い理由

Angelexは紹介を出さなくても月利が50%くらいの変態案件です。

なぜそのような月利でも運用可能なのかを考えると、紹介者報酬が激安である事が言えると思います。

紹介を一人出すと、一人につき毎日2ドル貰えます。月で60ドルです。

ウォレットと比べてはいけませんが、60ドルというとめちゃくちゃ安いです。

私の場合でいうと、月150万の配当を貰うと、他の案件では私を紹介したアップに、同額100%の150万であったり、40%の60万を配当として配ります。

紹介者報酬が高い案件は、運営の掃き出しは多くなります。

その分飛ぶリスクが高くなるのはわかりますよね。

このAngelexはわずか60ドルです。

紹介者報酬が少ない分、運営の掃き出しが減るため、配当が多く出来ると予想されます。

Angelexを登録して始めたい人は

Angelecxの登録はこちら

登録方法や使い方はこちらの記事を参考にして下さい。

Angelexの登録方法と使い方|自動アービトラージ12月下旬から出金にKYCが必要となり、KYC申請後も出金が出来ない状態となっていますので、新規参入はお控え下さい。 11月末から...

Angelexだけでなく、他の案件も紹介しています。

気になる人はTwitterや公式ラインに登録して頂けると嬉しいです。

また、最速案件やおすすめ案件はテレグラムコミュニティで主に紹介しています。

Twitterや公式ラインからメッセージを頂ければお誘いします。

https://twitter.com/cross_eco2019?s=17

私の公式LINE → http://nav.cx/i6j9CJI