GAINSKY

ゲインスカイはコロナショック、株安・円高、仮想通貨暴落が関係ない理由

最近の株式市場や為替相場はコロナショックの影響からか、とんでもない事になっています。

これまで株式投資や為替を主戦場に投資をしてきた人達の多くの方は含み損を抱えていると思います。

また、株式や為替とは関係なく、むしろ株式市場が落ち目の時には上がると言われていた仮想通貨も、ビットコインが一時80万を切り、コロナショックの影響を受けています。


この下げ相場においても、ゲインスカイ(GAINSKY)推しである事は変わりません。

現在私が一番に推しているゲインスカイはどうかというと、コロナショックの影響はほぼほぼないと言っていいでしょう。

下げ相場の時にも安定して資産を減らすことなく、増やし続ける事が出来るゲインスカイの強みをご紹介します。

・日経平均やダウ、為替の影響を受けにくい
・仮想通貨とドルのFXのため、下げ相場でも利益が出せる
・トレードのエビデンスがあり透明性がある
・2019年4月以降プラス続きで、損した人は誰一人いない
・トレード利益がマイナスであっても証券会社からの手数料バックがある
・緑チームは20日間で、最低利率3.5%以上増える事が確定している
・運用は20日or80日間のため、20日間の定期預金のイメージで気軽に出来る
・入金時はBTCからドルに換算され、金額がドル固定される
・BTCが下がってもドルで固定されているので投資額が減る事がない
・BTCが下がっている時には出金方法をBTCにすると、少ない金額でBTCを入手出来る
・投資金はゲインスカイではなく証券会社に預けてあるため、持ち逃げする事が出来ない
あげたらキリがないくらいありますが、以上が主なゲインスカイの強みだと私は思っています。
いいことばかりだけでなく、デメリットもご紹介しておきます。
・運用期間中、20日(緑は80日)間は投資金額を引き出す事が出来ない
・20日間の利率は3~13%が実績値のため、お宝株やアルトコインでの2,3倍を狙った爆益を出す投資案件ではないこと
・ゲインスカイのFXトレードはレバレッジをかけないため、上記の利率以上は狙いにくい
・預けっぱなしの自動トレードのため、自分のトレードスキルが上がるわけではない
・証券会社がリーガルコアマーケットという聞いたことがない会社であること
ゲインスカイのFXコピートレードは2019年4月から開始しており、これまで誰一人損していません。トレード結果はサイトに公開されており、そのトレード結果にさらに、証券会社からの手数料バックがあります。
「負けない投資」というとかなり胡散臭いですが、本当です。
試しに「ゲインスカイ 詐欺」で検索してみて下さい。
悪い噂は全くと言っていいほど出てこないです。
ここまで悪い噂がない案件も珍しいです。
それだけ参加している人達が順調に資産を増やしており、途中で辞めた人が少ないことを意味しています。
まだ参加されていない人は貴方のポートフォリオにゲインスカイを入れる事を検討してみて下さい。
ぜひ、ゲインスカイの「負けない20日間の定期預金」を体感してみて下さい。
きっと病みつきになります。

やってみたいという人は下のボタンから登録して頂けたら嬉しいです。

ご登録頂きましたら、ツイッターか公式ラインからご連絡頂ければ、LINEグループとテレグラムグループに招待させて頂きます。

現在私のアップラインのTOPは700人近いグループを形成しています。

LINEグループはとても賑やかです。(参加自由)

私のテレグラムではセミナー情報や、運用実績等の最新情報を流しています。

これから始めようか迷われている方からのご質問もお待ちしています。

最後までお読み頂きありがとうございました。