GAINSKY

GAINSKY(ゲインスカイ)4月の運用、配当実績

ゲインスカイの4月の運用実績、紹介者報酬実績です。

ゲインスカイは自分で運用しても月利5~10%くらいで増やす事が出来ますが、紹介を出すと紹介者報酬(ダウン報酬)も貰えるため更に稼ぐ事が出来ます。

「紹介を出せないので自分には関係ない」と思う人もいるかもしれませんが、誰しも周りに興味がありそうな人は、1人や2人はいるかと思います。

ゲインスカイをやってみて、「いいな、これは稼げるな」と思ったら興味がある人に勧めてみて下さい。

銀行に預けるより何百倍、何千倍ものスピードで資金が増えていくのが体感出来ると思います。

 

ゲインスカイは毎週日曜日に紹介者報酬が入ります。

4月は4回日曜日がありましたので、記事を書いている4/26の時点で紹介者報酬が確定しました。

4月分の紹介者報酬をお知らせします。

ゲインスカイには3つの紹介者ボーナスがありますので、ボーナス毎に解説します。

直紹介ボーナス

直下(子、第一代)からのみ貰えるのが直紹介ボーナス(RP)です。

直下が増えた分の50%が親に入ります。

黒く塗りつぶしてあるところは、ゲインスカイのIDが表示されていますので、消してあります。

赤枠部分、4月に貰った直紹介ボーナスの合計は

6,379.32ドル

でした。

チーム開発プログラム(グループボーナス)

直下からだけでなく、第8代まで貰えるのがチーム開発プログラム、別名グループボーナス(TDP)です。

第8代までの増えた分の2.5~50%が貰えます。

貰える%は自分の投資額と貰える代によって変動し、

1,000ドルの場合は、第1代からは25%、第8代からは2.5%貰えます。
10,000ドルの場合は、第1代からは37.5%、第8代からは3.75%貰えます。

タイトルを取ると、貰える代数が下まで伸びていきます。

私の場合はダイヤモンドタイトルになりますので、20代下まで貰えます。

赤枠部分、4月のチーム開発プログラムの合計は

6,245.72ドル

でした。

差額ボーナス

差額ボーナス(TDPC)は説明が長くなりますので、詳細説明は省きます。

簡単に言うと、自分より上位の人の方が投資額が多い場合に、チーム開発プログラムのおこぼれが上位の人に入るというものです。

差額ボーナスを最大で貰うためには、自分で10万ドル投資をする必要があります。

クライアントIDが表示されているところは塗りつぶしてあります。

赤い箇所の4月の差額ボーナスの合計は

361.68ドル

でした。

紹介者報酬の合計

4月の紹介者報酬の合計は

直紹介ボーナス 6,379.32ドル
チーム開発プログラム 6,245.72ドル
差額ボーナス 361.68ドル
合計 12,986.72ドル

12,986.72ドル=約140万となりました。

3月の紹介者報酬の合計は7,919ドル=約85万でしたので、かなりの勢いで伸びているのが分かると思います。

自分より下のトータル投資額を示す、トータルAUMチャートも40万ドルを突破し、右肩上がりです。

チャートが所々、へこんでいる箇所は出金があったことを意味しています。

出金で出ていく以上に、運用による資産増加や、新規入金が入っている事が分かると思います。

4月の運用実績

運用実績のページでこれまでの実績は載せていますが、2月に始めた緑チームの、80日間の運用期間が先日終了しましたので、その実績を紹介します。

投資期間:2/3~4/22
投資:31,500ドル
CP=3,058.68ドル
CR=5,355ドル
合計=8,413.68ドル(26.7%)

80日で8413.68ドル=約90万増えました。

利率に直すと、26.7%になります。

他の実績は運用実績のページをご確認下さい。

まとめ

紹介を出す事で、かなりの紹介者報酬が貰えるのがゲインスカイです。

紹介はwebメインでやられている人、リアル知人メインでやられている人、色々な人がいます。

紹介を出せない方でも自分だけの運用で、月利5~10%の利率で資産を増やす事が出来ます。

ゲインスカイの詳細については他の記事で紹介していますので、そちらをご覧下さい。

お問い合わせはLINEから、参加は下のボタンからお願いします。