GAINSKY

GAINSKY(ゲインスカイ)のおすすめチームは?

2020年7月3日更新 7月1日までの計552回の統計

GAINSKY(ゲインスカイ)はトレードをお任せするチームを4つの中から選びます。

チーム毎に成績が違いますので、チーム選択は自分の利益を左右する重要な要素とも言えます。

少しでも成績のいいチームを選びたいですよね。

そこで、どのチームがおすすめなのか、トレード履歴等色々な観点から考察していきたいと思います。

チームを選ぶ前に

チームを選ぶ前に、注意事項を確認しておきましょう。

4つのチームはそれぞれトレード手法、ロスカット率、運用期間等が違います。

トレードを選択するのは1チームだけでもいいですし、いくつかのチームに分散投資する事も出来ます。

ただし、赤、黄、青は1,000ドル、緑は30,000ドルが最低運用資金となります。

1チームに1,000ドル必要で、赤に500ドル、黄に500ドルで合計1,000ドルといった始め方は出来ません。

なお、運用を開始出来る曜日は、赤、黄、青は月・水・金、緑は日曜日のみとなります。

これまでのトレードの利率から選ぶ

GAINSKY(ゲインスカイ)は、アカウント登録をすると各チームの過去のトレード結果を見る事が出来ます。


サイトに公開されているトレード結果から、チーム毎の平均利率を計算し、最高利率と最低利率もピックアップします。

検証したのは、サイトに公開されている

2019-04-11 ~ 2019-05-01 の20日間を始めとして、

2020-06-11 ~ 2020-07-01 までの20日間、計184回分です。

赤、黄、青チームの3チームありますので、全部で552回分の20日間を集計しました。

集計結果は以下のようになりました。

赤チーム 黄チーム 青チーム
MAX 7.281% 8.045% 6.094%
MIN -0.177% -1.849% -0.356%
平均 1.732% 2.028% 2.199%
直近10回の平均 0.655% 0.364% 3.531

全期間の平均利率が最も高いのは青チームです。

直近10回の平均利率が最も高いのも青チームです。

全期間で最も高い利率を出したのは黄チームの8%です。

全期間で最低利率が最も高かったのは赤チームのマイナス0.177%です。

全期間で最も低い利率を出したのはチームのマイナス1.849%です。


以上のことから私が思う選び方は

平均を重視するのであれば青チーム

直近10回の平均利率が最も高いチームも青チーム

増減の幅は大きいが、一発にかけるなら黄チーム

マイナスを出来るだけ抑えたいのであれば赤チーム

 

※注意点※

この結果は2019年4月~2020年7月1日までの計552回の20日間を計算しています。

今後、新たなトレード結果が順次追加されていきますので、計算値は変化します。

参考程度にお考え下さい。

また、計算したところ平均利率が2%前後となり、利率が低いと思われるかもしれませんが、トレードの利率に加えて、ゲインスカイからキャンペーンリベート(以下=CR)という手数料が2.5~4%バックされます。

このCRはトレードの結果に関係なく貰えます。トレード利率が2.4%で、CRが2.5%だった場合は合計4.9%となります。これは20日間の利率のため、月利に換算すると約7.35%となります。

ロスカット率とゲインスカイからの補填から選ぶ

CRというゲインスカイからの補填は、運用額によって%が決められています。

上の写真の見方は、1,000~4,999ドルを赤、黄、青チームで運用した場合のCRは2.5%です。

緑チームで100,000ドル以上運用した場合は4.5%のCRとなります。

※現在緑チームは3万ドル以上が必要となりました。

緑チームは運用額が多く、運用期間が80日と長いことから、CRが高くなっています。

赤チームのトレードはロスカットは3%ですので、運用額のマイナスが3%になるまでトレードが続きます。

過去のトレード結果の統計を取りましたが、マイナスが一番大きかった時でさえ-1.85%です。

そのため、マイナスが3%になる事はなかなか考えにくいですが、たとえなったとしても、10,000ドル以上運用していれば、CRが3~3.5%貰えます。

そのため、トレード結果がマイナスになったとしても、CRで補填されますので合計でマイナスになる事は少ないと言えます。

黄、青チームで運用した場合は、黄チームのロスカットは5%、青チームのロスカットは8%ですので、赤チームのようなリスクなし運用は出来ません。

それでも、過去のトレード結果の最低値は-1.85%ですので、ロスカット率まで負け続けることは考えにくいと思います。

CRを少しでも多く貰いたいという人は、緑チームで運用して下さい。

条件があえば緑チームが最強

2020年1月から緑チームが新たに出来ました。

新たに出来たこの緑チーム、色々すごいんです。

まず、緑チームを選ぶことが出来る条件から

①運用額30,000ドル以上

②運用期間が20日×4回の計80日間 ※20日毎の自動エントリー

③エントリーは日曜日のみ

以上3点です。


緑チームは20日毎のトレード結果がマイナスだった場合はGAINSKYがマイナス分を全額補填してくれます。

これにより、トレード利率がマイナスになる事はありません。

また、CRは4~4.75%と高い手数料バックが魅力となっています。

トレード利率がマイナスにならないことから、CRの利率以上は確定しているようなものです。

具体的には、緑チームで30,000ドル運用した場合は、CRは4%となりますので、月利換算の6%は確定という感じです。


では次に緑チームのトレード利率がどれくらいか見ていきます。

最近の緑チームの成績については、こちらの記事で紹介しています。

ゲインスカイ(GAINSKY)またまた良成績!20日間で8.1%増加ゲインスカイの緑チームでまたまたいい利率が出たので紹介します。 投資10,100ドル トレード利益413.05ドル(4.1%) ...
ゲインスカイ(GAINSKY)20日間で9.4%増加ゲインスカイの緑が20日間でなかなかの利率を出しました。 投資額 7,300ドル 終了時 7,712.84ドル トレード利...

 

30,000ドル以上出せる人、出金が80日間出来なくても問題ない人は緑チーム一択だと思います。

なお、緑チームはトレードの利益は20日間毎に、利用可能な残高(出金可能)に反映されます。

まとめ

平均を重視するのであれば青チーム

直近10回の平均利率が最も高いのも青チーム

増減の幅は大きいが、一発にかけるなら黄チーム

マイナスを出来るだけ抑えたいのであれば赤チーム

30,000ドル以上用意出来て、80日ロックでも問題ない人は緑チーム


いかがでしたでしょうか。

GAINSKYを始めてみたい方はこちらから登録をお願いします。

登録はこちらから

ご登録頂きましたら、ツイッターか公式ラインからご連絡頂ければ、LINEグループとテレグラムグループに招待させて頂きます。

セミナー情報や運用している方のリアルな話、運用実績等の最新情報を流しています。

これから始めようか迷われている方からのご質問もお待ちしています。

最後までお読み頂きありがとうございます。