GAINSKY

GAINSKY(ゲインスカイ)の登録方法、KYC、入金方法、運用方法

仮想通貨FX案件ゲインスカイの登録からKYC認証、入金、運用方法まで、ゲインスカイを始めるのに必要なフローを一通り解説します。

ゲインスカイ(GAINSKY)の登録方法

ゲインスカイの登録方法を順に説明します。

まずはゲインスカイにアカウントを作成します。

登録はこちらからお願いします。

名前、苗字の箇所は、証明書通りに入力して下さい。

証明書がパスポートの場合は英字で入力し、免許証の場合は漢字で入力します。

ユーザー名称はローマ字で好きなものを入力します。

ユーザー名称はcookieで保存されていて入力する必要がない時もあれば、手入力が必要な場合もあります。

ログインパスワードは8文字以上の英数字の組み合わせを入力します。

以上で登録は終わりです。

ゲインスカイ(GAINSKY)のKYC認証方法

登録が完了したら、次にやる事はKYC認証(本人確認)です。

KYC認証に必要な証明書類はパスポートか運転免許証です。

もしかしたらマイナンバーカードも顔写真がついているため、出来るかもしれません。

KYC認証をするにはゲインスカイにログインをする必要があります。

ログインはこちら ← 今後ログインする時に何回もアクセスするURLです。

ブックマークをしておきましょう。

GAINSKYにログインし、画面上部「マイプロファイル」→「KYC認証」と進みます。

 

スマホの場合は、下の写真のマークしてあるメニューから選べます。

パスポートで本人確認をする場合は、パスポート写真の見開きを一枚提出。

さらに、「REGAL CORE MARKETS 月/日/年」と書いた紙を片手に持ち、もう片方の手にパスポートの見開き写真を一枚提出する必要があります。

免許証で本人確認をする場合は、免許証の表面と裏面、「REGAL CORE MARKETS」と書いた紙と免許証を持った写真の計3枚提出する必要があります。

 

 

入力間違いや、不備がなければ数時間(私の場合は1時間くらい)で認証しましたというメールがリーガルコアマーケットから届きます。

本人確認書類が承認されると、GAINSKYのロゴの横が認証済みとなります。

 

これでKYCは完了となります。

ゲインスカイ(GAINSKY)の入金方法

KYC認証を完了したら、次は仮想通貨を入金します。

入金する事が出来る仮想通貨はビットコインだけです。

ダッシュボード → ビットコインで入金 と進み、ビットコインアドレスが表示されますので、そのアドレスにビットコインを送金します。

ビットコインを持っていない人は日本円で入金することが出来ます。

ただし、日本円での入金はセミナー会場でのみの受付となっています。

 

スマホの場合はさきほどと同じように、下の写真のマーキング箇所をタップして、下の方にあるビットコイン(BTC)で入金を選択して下さい。

 

 

ビットコインアドレスはQRコードを読み取るか、コピーをして下さい。

異なる通貨を、間違ったアドレスに送金すると着金しませんので、間違いやすい手入力はやめた方が無難です。

なお、ビットコインアドレスを表示させてから、数時間後経過するとアドレスが変更になります。

アドレスを表示させたらなるべく早めに送金しましょう。

また、最低資金は1,000ドルとなりますので、交換レートに注意して下さい。

入金が完了すると、RCMから入金完了メールが届き、INVOICE(=伝票や明細書)が添付されています。

運用方法

入金が完了したら、次はトレードを依頼する運用チームを選択します。

投資 → 投資オプション と進みます。

 

トレードチーム紹介の箇所を参考に、チームを決めたら「利用可能なキャンペーン」をタップしてスタートです。

利用可能なキャンペーンとなるのは、運用出来る曜日になった時です。

赤・黄・青チーム ⇨ 月・水・金

緑チーム ⇨ 日曜日のみ

自動トレードですので、何もする事はありません。

次にする事は20日後、(緑チームの場合は80日後)出金するか再投資するか決めます。

どのチームがおすすめかわからないという方は、下の記事を参考にして下さい。

きっと自分にぴったりなチームが見つかると思います。