GXTT

GXTT 意外に知らない最強の攻略法

GXTTの意外に知らない、お手軽かつ最強の攻略法を解説します。

結論から言うと、

毎週1回出金する

ただこれに尽きます。

当たり前で拍子抜けするかもしれませんが、意外に知られていないです。

できるようで、できない、「毎週出金」がGXTTに投資をしている人の最強の攻略法となります。

その理由をいくつか解説します。

配当はステーブルコイン

GXTTとして毎日もらえるのはGXTTというステーブルコインです。

ステーブルコインというのは、価格変動のないコインの事をいいます。

1GXTT=1ドルの固定です。

GXTTは今後、値上がりすることも値下がりする事もありません。

他の案件にあるような「トークンの値上がりを期待して保有し続ける」必要はないと言えます。

出金手数料が毎週リセットされる

GXTTの出金手数料は週1回ですと5%です。

週2回目になると、10%となります。

毎週水曜日になると、出金回数がリセットされます。

そのため、例えば4,000ドルを月1回出金しても、出金手数料は5%の200ドルです。

1,000ドルを毎週1回、4週にかけて出金しても1回50ドル×4回で200ドルです。

出金手数料は同じでも、どちらがリスクがない投資かと言うと、

月1回の出金より、毎週出金するほうです。

GXTTはステーブルコインですので、持ち続けるメリットがありません。

そのため、毎週出金をして、元本回収を少しも早くした方がいいと言えます。

 

アップグレードはGXTTが使えない

GXTTは最初に購入したプランの満期がくると、アップグレードをする、しないの選択があります。

厳密にいうと、満期になる1週間前~7日間にアップグレード期間があります。

しない場合は、「いわゆる撤退」となり元本が120日の日割りによって返却されます。

撤退の場合は、120日の元本日割り返却中は紹介報酬が入りません。

する場合は、アップグレード期間にアップグレード分のBTCを入金する必要があります。

例えば、1,000ドルプランを購入した場合は、1,000ドル分のBTCを外部の取引所やウォレットから送金する必要があります。

この時、配当として所持しているGXTTをBTCに変換して、1,000ドルの購入費用にあてがう事が出来ません。

外部から新たにアップグレード用のBTCを送金する必要があります。

よってGXTTを持ち続けるメリットはここにもないですね。

そのため、GXTTは先程も説明したように、毎週出金した方がいいです。

※16,000ドルプランの場合は、アップグレードの概念がありません。満期がくると自動的に元本が120日の日割り返却となります。

16,000ドルプランについては、元本返却中も紹介報酬は入ります。

16,000ドルプランで複利運用をしたい場合は、満期が来た時に、再度16,000ドルプランを購入し、その分のBTCを送金します。

複利運用をした場合の毎日の配当は、①+②となります。

①120日元本日割り返却分+②新たに購入した16,000ドルプランの配当

 

以上のことが、GXTTの最強の攻略法と言える、「毎週出金」の理由です。

 

GXTTは保有するためのものではなくて、出金を前提とした仕組みになっています。

会社が存在し、自社でダイヤモンド採掘~製品化~販売まで持っていけるルートがあります。

ダイヤ採掘工場も自社でもっており、ブランド販売のための実店舗やオンラインショップもあります。

原価換算で10倍もの利益を1カ月でうみだすため、最短4カ月で2倍にして投資家に返しても会社にとっては無理のない配当プランとなります。

高い利率と紹介者報酬制度、出金を前提とした仕組みがGXTTの人気の秘密だと思います。

GXTTに投資をお考えの方は下のボタンから登録をお願いします。

登録をされましたら、ご希望の方には私のテレグラムグループに招待しています。

テレグラムでは詐欺同然のはめ込み案件の注意喚起をしています。

最近ですと、某案件について10人くらいの方から問い合わせがあり、参加しない方がいいとアドバイスをしてきました。

その案件は現在出金停止となっています。

ご希望であれば、日本のトップが行うセミナーなどもセッティング可能です。

こちらからお問い合わせください。