GXTT

GXTTの投資パッケージや利率、注意点について

GXTTの投資パッケージや注意点

GXTTの投資パッケージ

GXTTの自己投資に対する報酬を解説します。

投資パッケージは上記の6パッケージのみとなります。

パッケージの購入はビットコイン(BTC)のみです。

最低投資は500ドル投資のパッケージで、最も利率の良いパッケージが16,000ドル投資となります。

16,000ドル以上の投資がしたい場合は、複数のアカウントを作成する必要があります。

「期間」の日数分、毎日「デイリー収益」が発生します。

「期間」×「デイリー収益」をすると投資金額になりますので、原資分を「期間」が経てば回収出来ることになります。

例:500ドル投資
180日×2.77ドル=498.6ドル

例:16,000ドル投資
120日×133.33ドル=15,999.6ドルです。

利率に換算すると

GXTの会社としては、利率や月利と言った表現はして欲しくないと聞いています。

早期参入!早期撤退!といった高利率の投資案件であるHYIPのイメージが先行してしまうからだそうです。

 

と言いましても、投資家目線からすると、投資金額に対していくらリターンがあるか、月利換算するといくらになるのかというのは常に気になります。

そこでGXTTの投資プランを無理やり月利換算してみました。

パッケージ 元本回収までの日数 月利換算
(%)
500 180 16.7
1,000 170 17.6
2,000 160 18.8
4,000 150 20
8,000 140 21.4
16,000 120 25

 

最低投資の500ドルパッケージでも、180日(6カ月)経過後には元本が倍になります。

最も利率の良い、16,000ドルパッケージですと、元本を倍にするには4カ月かかります。

 

 

配当としてもらえるのはGXTTという1GXTT=1ドルのステーブルコインです。

ステーブルコインというのは価格変動のない、価値が一定のコインの事を言います。

そのため、GXTTの価値が下がり、配当が目減りするというリスクがありません。

日極点というのは、一日に稼げる最大の金額です。

自分で投資をして得られるデイリー収益では、日極点までは報酬は得られませんので、紹介者をたくさん出す人に関係してきそうですね。

紹介者を沢山だして、紹介者報酬が多くなり日極点の限界まで来たら、自分の投資パッケージを一つ上にアップグレードする必要があります。

・最初に選択した投資パッケージより、金額が小さい投資パッケージは購入出来ない

【例】
500ドル購入後、1000ドル購入は?⇨可能

1,000ドル購入後、500ドル購入は?⇨不可

そのため、1,500ドル投資をする場合、500ドルを購入した後に、1,000ドルを購入して下さい。

投資パッケージの満期がきたら

満期の一週間前(アップグレード期間)にアナウンスがでます。

500ドルならそのアップグレード期間に500ドルを追加すれば1,000ドルとしてアップグレードされます。

4,000ドルで運用していた場合、そのアップグレード期間に4,000ドルを入金すれば、8,000ドルにアップグレードされて継続運用されます。

一週間以内に追加しなければそのパッケージは解約とみなされ、投資金額は4ヶ月(120日)の日割りで変換です。

※アカウントは入金しなくても失効とかはないので、いつでもまた追加をすることは出来ます。

アップグレード期間にアップグレードをしない場合、紹介報酬はとれなくなります。

16,000ドル投資の場合

撤退、アップグレード、延長の3つの選択肢があります。

①撤退
⇨元本が日割り返却、紹介報酬なし

②アップグレード(再運用)
アップグレード期間で「アップグレード」を選択し、16,000ドルを追加で入金します。

満期になった方の16,000ドルは日割りで返却されます。

新規の16,000ドルの運用益も入るので、1日266.66ドルが入ります。

紹介報酬も入ります。

③延長
撤退はしたくない、紹介報酬は継続してもらいたいけど、すぐには入金ができない方

アップグレード期間で「延長」を選択

紹介報酬は引き続き毎日入ってきますが、自分のデイリー配当(=元本返却)は新規入金があるまで保留状態(ストップ)します。

延長の猶予期間は240日までです。

120日~240日前のどこかで入金すれば、再び1日266.66ドルが入るようになります。

この時、入金しなかった場合は、撤退扱いとなり①の状態になります。

どのプランにも共通しているのは、

元本は120日の日割りで返却される

という点です。

つまり、満期がきても、元本全額をすぐに引き出す事が出来ません。

GXTTの紹介者報酬制度について

GXTTの紹介報酬(ダウン報酬)は購入したパッケージと直接の紹介人数によって、下まで取れる段数が変わってきます。

500ドル購入の場合は、1代下までしか取れません。

1,000ドル購入の場合は、2人直紹介を出すと、3代下まで取れます。

16,000ドル購入の場合は、5人直紹介を出すと、15代下まで取れます。

代ごとに何%取れるかについては、下の表の右側にあります。


少しわかりにくいと思いますが、
直下(第1代)からは15%
2代からは10%
3代からは5%
4代からは3%
5~6代からは2%
7~15代は1%もらえます。

直下から15%、2代下からは10%という、かなり魅力的な紹介報酬になります。

GXTTの出金ルールについて

別の記事では、GXTTは出金制限がないと書きましたが、厳密にいうと出金に関してルールがあります。

しかし、よっぽど大きな組織にならない限り、気にする事はありません。

出金は配当としてもらったGXTTをBTCに変換して出金をします。

つまり、BTC出金です。

出金手数料は週に1回の場合は5%です。

週に2回以上する場合は以下の出金手数料がかかります。

2回=10%
3回=15%
4回=20%

毎週水曜日に、出金手数料がリセットされます。

傘下(自分以下のグループ)の合計運用額によって出金限度額が決まっています。

最低の傘下が25万ドルだとしても、週に7万ドルまで出金出来ます。

GXTTは会社が「どんどん出金して下さい」と言っていますので、全然厳しくない出金限度額となっています。

週に7万ドルという出金限度額は、よっぽど大きな組織を持った人でない限り、気にする必要はありません。

 

出金は出金申請をした翌日に処理しています。

出金処理は平日の15時前後に行われるようです。

 

なお、出金に関するルールについては、GXTのマイページの「お知らせ」に詳しくのっています。

GXTTの登録は

GXTTの登録は下のボタンからお願いします。

登録方法や入金方法、パッケージの購入方法についてはコチラの記事で紹介しています。

GXTTの登録方法,入金,出金,運用方法についてGXTTの登録方法から購入方法、入出金方法について解説します。 GXTTの登録方法 登録は下のボタンからお願いします。 ...